「夢舞台」 藤秋会2020

画像クリックで大きな画像が表示されます。

 

明治初頭、青森の金木で突然8歳で失明した仁太郎!

両親も亡く一人で門づけをして暮らし、一生をかけて現在の津軽三味線の基礎を作った

”仁太郎物語”を加藤家元と師範の方々との掛け合いで香津代が朗読します!

2,500席の会場にダイナミックに響く加藤流40周年の会!

お切符もあと少しとの事、ぜひお出かけ下さ~~い!

令和2年如月吉日 香津代記